東京都住宅供給公社とは

スポンサードリンク

東京都が全額出資している特別法人、jkk東京の正式名称は東京都住宅公社といいます。約7万戸を超える物件数、そして礼金や更新料、仲介手数料なしで紹介してくれるのです。実際、私は東京都民ではないのでピンとは来ないのですが、昭和41年に設立されたといいますから、歴史はありますね。ちなみに東京都住宅供給公社のホームページに飛んでみたところ、都民の生活のために、国の法律に基づいて創立されたとなっていました。今では都営住宅などを含めた住宅の管理や古い物件の建替えを中心にしているらしいですね。今石原都知事がなにかと世の中をお騒がせですが、東京都が創立して批判を浴びている銀行も、今後長い年月をかけて、東京都住宅供給公社のように都民に受け入れられる日が来るのでしょうか。HPを見ると、賃貸の抽選結果などもこちらで分かるようです。東京都住宅供給公社が運営しているのは公団ではないんですよね。UR都市再生機構とちょっと混同してしまいがちですが、別の公社になるんですね〜。

東京都住宅供給公社のホームページ

jkk東京のホームページを見ましたが、最寄の支社に行ってみようか、もしくは募集センターに問い合わせようかと思い、調べてみると渋谷支社や立川支社を含む都内の4ヵ所に支社があるそうです。ネットで東京都住宅供給公社のサイトを訪れたので、そのまま希望の住宅検索をしてみることにしました。これってどの程度現実に反映しているのかなぁ?確かにかなり厳しい条件で検索をかけたのですが、結構賃貸マンションの物件が出てくるんですよね。これは民間のエイブルさんやアパマン情報などの強敵ですよぉ!敷金、礼金、更新料、仲介手数料でがっぽりお金を持っていかれたのが昔の話だとすると、今や世の中変わってきましたからね〜。たとえば敷金、礼金なしのレオパレスは今や藤原紀香さんまでをCMに起用した効果もあってか、大ブレイクしていますからね。なにかと地味な東京都住宅供給公社ですが、まずは「jkkねっと」のユーザ登録をして、いろいろと賃貸マンション探しに利用させていただこうかな〜と思うようになりました。

東京都住宅供給公社の入札

東京都住宅供給公社のHPを見ると、入札に関することや、現在の賃貸マンションの空室状況、また抽選物件の状況や申請に関する事、また採用情報まで、東京都住宅供給公社に関する情報はほぼつかめます。正社員としてはかなり難しい関門ですが、契約社員はこれから仕事探しをする人にとってはとっても魅力なのがこの公社といえるでしょう。仕事内容はほとんど正社員と変わらないのですが、契約社員といっても賞与は年に2回…しかも年間20ヶ月もらえますし、休暇もしっかりありますし。この条件の良さはやっぱり民間ではないな〜と思いますよ。原油価格異常高騰で揺れる世の中とは、完全に別世界な印象を受けることも否めませんが。事務系と技術系両方の募集があったようですが、残念ながら2008年度は募集締め切りの様子です。もしも転職を考えている方は、東京都住宅供給公社さんの事も頭に入れておいてもいいかもしれませんよ。倍率凄そうですけどね〜。

今日最新情報


おみくじは 小吉


ラッキーカラーは 


ラッキーな場所は 銭湯


2014年09月01日現在、23時32分21秒。

スポンサードリンク

関連ページ