加湿器業務用

スポンサードリンク

空気の乾燥が気になる季節に、大活躍をする家電といえば、加湿器でしょう。部屋の中の温度と湿度のバランスを適度に保つことで、風邪予防や肌を乾燥から守るということができます。最近では、小さな子供のいる家庭でも、安心して使用できるように、安全性に富んだ機能が大変充実しています。湿度を上昇させることで、花粉や埃などが水分を含んで、飛び散りにくくなって、結果、花粉・アレルギー抑制にも役立ちます。抑制用のフィルターが、搭載されていれば、さらに効果的です。また、風邪やインフルエンザの予防にも効果があって、インフルエンザウイルスは、50%以上に湿度が保たれると激減します。ですから、自動運転機能が搭載されているものが風邪の予防にはお勧めなのです。最近では、公共施設などにも加湿器で業務用の大きなタイプが設置されていたりします。用途によっては、様々なサイズがありますが、選び方としては、部屋の広さに合わせるということが大事です。加湿器の業務用が必要とされるオフィスなどで、手軽に使えるパーソナルタイプの卓上用の小型製品から、タンクが大容量のもの、赤ちゃんがいる家庭や、寝室などに置く場合に適した静音タイプ、さらに、付加価値として、アロマオイルなどで、香りを楽しむという機能のものや、マイナスイオン、除菌抗菌フィルターが搭載されているものもあります。この抗菌素材のフィルターでは、タンク内の雑菌までも抑えることができます。加湿器の業務用のものはさまざまなタイプのものがありますので、用途にあわせた比較検討が重要です。

ナショナルの加湿器業務用

個人で使用する物をはじめ、加湿器は業務用のものまで用途に合わせ色々なタイプがあります。スチーム式・・・ヒーターを使って、水を沸騰させてスチームを噴気させます。スチームの蒸気は目視ができるタイプで、加湿パワーは高くて、即効性があるのですが、電気代が嵩むことが難点となります。ハイブリット式・・・スチーム式と気化式を組み合わせて、湿った風が出るのみなので、噴出し口が熱くなることはなく、特に蒸気も見えません。こちらは、他のタイプと比較すると、価格が幾分高めです。気化式・・・湿らせたフィルターを通ることで送風するタイプなので、熱を使わず送風のみで、蒸気は見えません。消費電力は少ないのですが、その分、加湿能力は弱目です。超音波式・・・超音波の振動でタンクの水を噴出するという加湿方式です。熱もフィルターも使用しないので、定期的に、まめに手入れをする必要があります。比較的、値段は安目となります。また、加湿に使用する水は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律の施行規則によって、水道水を使用します。しかし、水道水は硬度成分のカルシウムやマグネシウム、またシリカなどの多くの溶解成分を含んでいるので、加湿器にとって障害になることもあります。そこで、加湿器用の水処理装置を使って、適切な水処理を行います。加湿器は業務用でもさまざまな効果を発揮し、オフィス内で快適に過ごせるように工夫されています。加湿器で業務用をお探しならば、是非使う場所や人に合わせたものを選んでください。

ウエットマスター加湿器業務用

加湿器で業務用に使用ができる製品を販売している代表的な2社があります。まず、家電製品で有名なナショナルでは、大部屋用として、広い部屋やオフィスなどでの長時間の使用にもお勧めのタイプがあります。約1.4l/hの優れた加湿能力を誇って、広いスペースにも最適です。また、5.0l×2個の大容量となるタンクが搭載されているので、長時間加湿ができます。加湿方式は、ヒーターレスファン式で、約7時間もの連続加湿が可能です。電気代は、1時間あたり約1.2円です。もう1社は、加湿器業務用・産業用加湿器および流量管理システム機器の総合メーカーであるウエットマスターです。気化式、蒸気式、水噴霧式という全ての加湿方式に対して、豊富なラインナップの製品があり、多様な用途にも対応しています。さらに、注目をされている製品が、大規模な加湿に最適の加湿システムであるモイスチャーミストです。加湿器の業務用ならは、室内において、最大50m×10mまでを簡単に加湿ができて、連続運転によって、さらに広域への加湿も可能となります。これにより、学校や病院、介護施設などでは、インフルエンザや院内感染、乾燥などの防止策としても期待されています。また、加湿による静電気の防止は、花粉症の対策にとっても有効性が期待されます。

今日最速情報


おみくじは 末吉


ラッキーカラーは 黄色


ラッキーな場所は 実家


最後に更新したのは 2014/07/25/ 13:41:25 です。

スポンサードリンク

関連ページ